本社に「ミーナの募金箱」を設置しました


菱中産業は本日3月5日、すべての人々が平等に参画できる社会の実現を目指す第一歩として、本社に「ミーナの募金箱」を設置しました。北海道で育成された第1号の盲導犬ミーナ号に続き、多くの盲導犬が活躍してほしいと願いが込められたオレンジ色の募金箱。店舗や病院のカウンターで、ご覧になられた方も多いかと思います。当社ではこれを事務所の受付と、社員の休憩室に設置することとしました。

2003年10月に身体障害者補助犬法が全面施行されたことにより、私たちが普段利用する施設や乗り物等に、盲導犬をはじめとする介助犬、聴導犬を同伴して利用することが法的にも認められました。それでもこの高度に訓練された補助犬と、これを同伴する視覚障害者の受け入れが拒否される事例が散見されています。私たちは人々の善意を信じ、動物たちとともにすべての垣根を超えて、共生可能な社会の実現を追求していきたいと願っています。